Monday, 25 June 2018

QUJAKU release new 500 limited edition LP, “QUJAKU” and confirm new Europe tour


QUJAKU will release their first 500 limited album, “QUJAKU”, in the name of QUJAKU from So I Buried Records on 16th August 2018, when their forthcoming Europe tour starts (see below). The album contains 9 tracks including a song released in the name of their former name, The Piqnic, and will be released on double 12 inch vinyl.

The originality growing every release even grows dramatically in this album, and becomes bewitching and insane deep-roaring-psychedelia that contains the brutality corresponding the heavy bass sound smashing the brain and the solemnity like hymns combining with the nostalgia like pastorals.

Also, it has been confirmed that the band will have a new Europe tour to celebrate the release of the album. The tour contains 18 shows in 6 countries, including two festival appearances, Nox Orae Festival in Switzerland and HUB Festival in Cardiff.


August
16th (Thu) Nottingham, UK / JT Soar
17th (Fri) York, UK / The Crescent
18th (Sat) Newcastle, UK / Head Of Steam
19th (Sun) Preston, UK / The PPL
22nd (Wed) Birmingham, UK / Hare And Hounds
24th (Fri) Cardiff, UK / HUB Festival
25th (Sat) Leeds, UK / Chunk
26th (Sun) Bristol, UK / The Old England
27th (Mon) Brighton, UK / Sticky Mike’s Frog Bar
28th (Tue) Gent, BE / Trefpunt
31st (Fri) Frankfurt, DE / ExZess

September
1st (Sat) La Tour-de-Peilz, CH / Nox Orae Festival
3rd (Mon) Budapest, HU / Dürer Kert
4th (Tue) České Budějovice, CZ / TBC
5th (Wed) Brno, CZ / Bajkazyl
6th (Thu) Prague, CZ / Theremin
8th (Sat) Brussels, BE / Magasin 4
9th (Sun) London, UK / The Lexington

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////


- Title 
QUJAKU

- Release Date 
16th August 2018

- Tracklist
1. Shoku No Hakumei
2. Kami Ga Korosu
3. ZyouK
4. KEIREN
5. Ave
6. Hadaka No Inochi
7. Kagamie
8. Yui, Hate No Romance
9. Sweet Love of Mine

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

QUJAKU are a Japanese psychedelic band formed in 2013 and based in Hamamatsu, Shizuoka. Violent but delicate melody and heavy but stable rhythm remind you Japanese underground legends such as Keiji Haino and Les Rallizes Denudes, the insane dark deep heavy roaring sound containing gothic elements at the same time leads you to the utopia, the deep psychedelia opening the third eye. The band released a debut album, “ZyouK”, in 2015 and toured the UK, Germany and Hungary, followed by a release of an EP, “KEIREN”, and a UK tour in 2016. In 2017, they released an EP, “H” and had their biggest ever Europe tour with 26 shows in 5 countries, including three music festival appearances at Fat Out Fest, Focus Wales and Raw Power. In October 2017, they released a latest EP, “S”.

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

Wednesday, 28 March 2018

untitled room vol. 20.1

designed by Yoichi Tamori

横浜、黄金町にあるアートスタジオ、旧劇場にて行なってきたUntitled Roomですが、今回初めて会場が変わります。
今回の会場は上野にあるアートギャラリー、みんなのギャラリー。
当会場にて4/12-4/22の期間に開催される、qujakuのアー写等を撮影してもらっている写真家、加藤甫君の写真展、"qujaku"、名前の通りqujakuの写真の展覧会になり、開催期間の4/15にUntitled Room特別版としてqujakuのメンバーが各々ソロパフォーマンスを行います(ドラムのHABUTOは会場の音量制限の問題の為、出演しません)。
展示される主な写真は2016年にSo I Buried Recordsから発売された"KEIREN" EPのリリース時に開催されたUKツアーでのライブ写真、オフショット、海外ツアーでしか見れないメンバーの貴重な姿をご覧になれます。
イベント当日も会場内で展示されているqujakuの写真を観覧する事は可能です。
今回の写真展では初出しの写真ばかりですし、qujakuメンバーのソロを東京で一度に観れるチャンスもなかなかありません、この機会に是非。

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

so i buried presents
Untitled Room vol. 20.1

- 出演アーティスト
Shuya Onuki (qujaku)
Hiromi Oishi (qujaku)
Soushi Mizuno (qujaku)

- 日時
2018年4月15日(日) 17:30 オープン / 18:00 スタート

- 会場

東京都台東区東上野4-14-3 Route Common 2F


- 料金
1500円

*予約方法
予約メールアドレス、soiburied at gmail dot comまで下記の情報を明記の上、
メール送信願います。
件名: untitled room予約
本文: 名前、電話番号、予約希望人数

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

Shuya Onuki (qujaku)


Hiromi Oishi (qujaku)


Soushi Mizuno (qujaku)


静岡県浜松市を拠点に活動する2013年結成のサイケデリックバンド。暴力的であり繊細なメロディー、重厚であり安定したリズムは灰野敬二や裸のラリーズを彷彿させ、同時にゴシック性を併せ持つ彼らの狂気的暗黒重低轟音はユートピアへ先導する、白眼開眼ディープサイケデリア。201510月にデビューアルバム、「ZyouK」をリリース、イギリス、ドイツ、ハンガリーの3カ国にて全10公演のヨーロッパツアー20165月にはEP、「KEIREN」をリリースし、2つの音楽フェスを含む全6公演のUKツアーを敢行する。20174月にEPH」のリリース、そのリリースに伴いバンド史上最大規模の5カ国26公演のヨーロッパツアーを4月~5月に行い、成功させた。10月にはバンドの最新作であるEP、「S」をリリース。

Monday, 26 February 2018

untitled room vol. 20

designed by Yoichi Tamori

横浜のディープ街、黄金町にある元ストリップ劇場、現アートスタジオの旧劇場にて毎月行なってきた超DIYイベント、Untitled Room、とうとう20回目です。
そして、旧劇場の閉館に伴い、今回で最終回。
最後は通常回のライブスペースである中2階ではなく、1階にて30名限定で行います。
最終回のアーティストは2組、濃密です。
1組目のアーティストは去年の6月、vol.11にてソロで演奏して頂いたオプトロン奏者の伊東篤宏とカテゴライズ不可女子、テンテンコによる新生ノイズデュオ、ZVIZMO。
2組目はイギリス、ロンドンを拠点に活動するサイケバンド、BO NINGENのギタリスト、Kohhei Matsudaです。
目と耳から脳髄を経由し郷愁的ユートピアへ亜空間光速旅行。
3月18日は旧劇場、マストです。

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

so i buried presents
Untitled Room vol. 20

- 出演アーティスト
ZVIZMO (伊東篤宏 x テンテンコ)
Kohhei Matsuda (BO NINGEN)

- 日時
2018年3月18日(日) 17:30 オープン / 18:00 スタート

- 会場
横浜市中区末吉町3-49

- 料金
2000円

*予約方法
予約メールアドレス、soiburied at gmail dot comまで下記の情報を明記の上、
メール送信願います。
件名: untitled room予約
本文: 名前、電話番号、予約希望人数

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

ZVIZMO / ズビズモ




蛍光灯音具 OPTRON(オプトロン)プレイヤーの伊東 篤宏と、アンダーグラウンド⇔メジャーを縦横無尽に行き来する テンテンコ によるデュオユニット。
テンテンコの聴き易いが意外に重たいエレクトロビートと伊東のフリーキーだが意外とキャッチーなOPTRONが作り出す  アヴァン・エレポップ且つストレンジ・テクノイズな演奏は、「奇天烈だが何故かフレンドリー」な響きに満ちている。


Kohhei Matsuda (BO NINGEN)


英国ロンドンを拠点に活動するロックバンド、BO NINGENのギター。
元YUCKのフロントマン、ダニエル・ブランバーグの新プロジェクトHebronixのシンセサイザー奏者。
他に、気鋭の映像作家、石田悠介による短編 Holy Disasterの劇伴や、ロンドン即興シーンの総本山Cafe Otoでの活動、電子音楽の新たな才能 Albino Soundやアヴァンギャルド電子パンク group Aとのコラボレーションなど。

Tuesday, 30 January 2018

untitled vol. 19

designed by Yoichi Tamori

横浜、黄金町にあるアートスタジオ、旧劇場にて毎月行なっている超DIYイベント、Untitled Room、19回目のアーティストは日本ノイズ界の重鎮、ASTROのHiroshi Hasegawa。
今回も勿論、ライブスペースは旧劇場中2階の洞窟、10人限定です。
あの10人で満員の極小スペースは深海系コラージュ・ノイズに耐えられるのか、それとも耐え切れず近隣からクレームが発生してしまうのか、必見ですよ。
2/17は横浜のディープタウン、黄金町にて唯一無二の体験を是非。

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

so i buried presents
Untitled Room vol. 19

- 出演アーティスト
Hiroshi Hasegawa (ASTRO)

- 日時
2018年2月17日(土) 18:30 オープン / 19:00 スタート

- 会場
横浜市中区末吉町3-49

- 料金
1500円

*予約方法
予約メールアドレス、soiburied at gmail dot comまで下記の情報を明記の上、
メール送信願います。
件名: untitled room予約
本文: 名前、電話番号、予約希望人数

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

Hiroshi Hasegawa aka ASTRO


1963年神奈川県鎌倉市生まれ。
1983年頃より主に打楽器・声によるフリー・インプロヴィゼーションの演奏を開始し、自身の即興演奏プロジェクトとして「解体飼育団」を名乗る、
1989年頃に突如ノイズ演奏に開眼し日野繭子、コサカイフミオ、長久保隆一と共に「C.C.C.C.」を結成。
その後「C.C.C.C.」の活動と並行して「ASTRO」名義で1993年頃からアナログ・シンセサイザーによるソロ演奏ユニットとして活動。
作品リリースやライブ活動を精力的に行い、様々なアーティストとのコラボレーションも数多く行っており、海外のフェスティバルにも度々招聘されている。
2013年に女性エレクトロニクス奏者RohcoをASTROのメンバーに迎えデュオ編成になったのを機に、ソロ名義を本名の「Hiroshi Hasegawa」とする。
なおメンバーとして参加しているユニットにはASTRO以外にも「Galactic Abyss」「Cosmic Coincidence」「Mortal Vision」「BLASTRO」「NORD」「GALAX」「SOUTH SATURN DELTA」等がある。

Sunday, 31 December 2017

untitled room vol. 18

designed by Yoichi Tamori

Untitled Room、2018年1発目はqujaku回。
今までにqujakuメンバー3人のソロ・サイドプロジェクトをUntitled Roomで行なってきましたが、今回は最後の1人、ドラムのHABUTOのソロ。
彼のソロパフォーマンスはなんと初、彼の地元である浜松でも実現されておりません。
何をやるかは未だに謎、激レア必至、今回も勿論10人限定です。
次はいつ観れるか分かりませんよ、この機会に是非。

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

so i buried presents
Untitled Room vol. 18

- 出演アーティスト
HABUTO (qujaku)

- 日時
2018年1月20日(土) 18:30 オープン / 19:00 スタート

- 会場
横浜市中区末吉町3-49

- 料金
1500円

*予約方法
予約メールアドレス、soiburied at gmail dot comまで下記の情報を明記の上、
メール送信願います。
件名: untitled room予約
本文: 名前、電話番号、予約希望人数

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

HABUTO (qujaku)


静岡県浜松市を拠点に活動する2013年結成のサイケデリックバンド。暴力的であり繊細なメロディー、重厚であり安定したリズムは灰野敬二や裸のラリーズを彷彿させ、同時にゴシック性を併せ持つ彼らの狂気的暗黒重低轟音はユートピアへ先導する、白眼開眼ディープサイケデリア。201510月にデビューアルバム、「ZyouK」をリリース、イギリス、ドイツ、ハンガリーの3カ国にて全10公演のヨーロッパツアー20165月にはEP、「KEIREN」をリリースし、2つの音楽フェスを含む全6公演のUKツアーを敢行する。20174月にEPH」のリリース、そのリリースに伴いバンド史上最大規模の5カ国26公演のヨーロッパツアーを4月~5月に行い、成功させた。10月にはバンドの最新作であるEP、「S」をリリース。

Friday, 24 November 2017

untitled room vol. 17

designed by Yoichi Tamori

横浜、黄金町にある元ストリップ劇場・現アートスタジオ、旧劇場にて毎月開催される10人限定超DIYイベント、Untitled Room、17回目のアーティストはYoshio Machida / Cal Lyall。
スティールパンとバンジョーを使ってのアコースティックデュオという珍しい形態。
今までにないUntitled Roomの空気になる事間違い無し。
12月9日、旧劇場中2階は横浜で一番の非日常に、ご予約はお早めにー。

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

so i buried presents
Untitled Room vol. 17

- 出演アーティスト
Yoshio Machida / Cal Lyall 

- 日時
2017年12月9日(土) 18:30 オープン / 19:00 スタート

- 会場
横浜市中区末吉町3-49

- 料金
1500円

*予約方法
予約メールアドレス、soiburied at gmail dot comまで下記の情報を明記の上、
メール送信願います。
件名: untitled room予約
本文: 名前、電話番号、予約希望人数

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////



スティールパン奏者、音楽家。多摩美術大学在学中、秋山邦晴に師事、現代美術/音楽/映像を総合的に学ぶ。90年代、アジア、アフリカで国際協力の仕事に従事。12のソロ作品、10のバンド/グループ作品、様々なコンピレーションに楽曲提供。これまで16カ国でISEA、Sonar Tokyo、MaerzMusik等の音楽祭に参加。Van Cleef & Arpels展覧会音楽なども手がける。音楽レーベル、アモルフォンを主宰、国内外のユニークなアーティストを発掘、リリース。


即興ギタリスト/サウンド・アーティスト。ジャンク楽器、エレクトロ・パーツ、フィールド・レコーディングやエフェクターなどから音楽的な空間を生み出す。広範な音楽形式に興味を持ち、東南アジアやその周辺地域へ渡航し研究。日本で旺盛なライヴを展開しながら、これまでにタイ、インドネシア、ラオス、中国、韓国などでツアー。また、レーベル「Subvalent」や「Jolt Sonic Arts」(オーストラリア)の東京拠点としての活動に加え、西麻布SuperDeluxeで月一回のイベント「Test Tone」を主宰していました。

Thursday, 26 October 2017

untitled room vol. 16

designed by Yoichi Tamori

横浜、黄金町にあるアートスタジオ、旧劇場の洞窟と化した中2階で毎月開催される10人限定超DIYイベント、Untitled Room、16回目のアーティストは内田静男です。
亀川千代(ex.ゆらゆら帝国)とASTROの3人で活動しているGalactic Abyss、長谷川裕倫とのデュオである長谷川静男、日本ノイズシーン黎明期から活動しているNORD等数多くのプロジェクトを持つ内田さんですが、Untitled Roomではソロでのパフォーマンスとなります。
中毒的ベース音の渦からブラックホールに一直線トリップ、是非。

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

so i buried presents
Untitled Room vol. 16

- 出演アーティスト
内田静男

- 日時
2017年11月18日(土) 18:30 オープン / 19:00 スタート

- 会場
横浜市中区末吉町3-49

- 料金
1500円

*予約方法
予約メールアドレス、soiburied at gmail dot comまで下記の情報を明記の上、
メール送信願います。
件名: untitled room予約
本文: 名前、電話番号、予約希望人数

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////



80年代より、触媒夜、滲有無にて活動。現在、hasegawa-shizuoや、解体飼育団、Nord、疎水響、profumo di suono、 L'Extase Métallique、albedo gravitas、Galactic Abyss、UH、Terror Shitなどのユニット、そしてソロやDuoなどで演奏。Bassを中心にした、インプロヴィゼーションを行う。